住宅につける手すりの種類について

住宅につける手すりの種類について

住宅につける手すりの種類について

バリアフリー住宅を考えるときに、工事の事例や建築プランで多く見られるのが手すりの設置です。安心して利用したい設計事務所 神奈川クリックしてみよう

 

手すりはたとえば水平移動(歩行)の補助や立ち上がり、段差の上り下りといった垂直移動、車椅子や便座への移動の補助などに使用されることになります。気になる方は神奈川 建築設計事務所こちらをご覧ください。

 

しっかりと握って体重をかけるためには、細めの直径が適しています。ご説明します神奈川 設計事務所について。

 

太くても直径30mm程度でないと力を入れにくくなります。リュウマチなどで関節が高くなった人の場合には、手やひじを乗せて体を支えられるように平坦なタイプが適しています。詳しく見たいなら神奈川 建築家で検索!

 

手すりは用途や場所によって必要とされる形状が変わってきます。廊下には長めの横手すり、段差の上り下りや立ち上がりの補助など垂直方向の支えや方向転換には縦手すりが、トイレや浴室にはL字型手すりによって縦の部分は立ち上がりの支えに、横の部分は姿勢の保持に、ベッドの脇やトイレには可動式の手すりが、などといった具合です。
手すりの材質としては直接肌に触れるものであるため、木製がお勧めです。オススメです!神奈川 デザイナーズ住宅で検索!


ホーム RSS購読 サイトマップ